沖縄女子のための脱毛ナビ

沖縄で人気の脱毛サロン・みんなの脱毛体験談をご紹介

沖縄の脱毛サロン選びならココ!
豊富な脱毛経験と、実際の脱毛サロンでの無料カウンセリング経験であなたの疑問を解決。
沖縄で人気の脱毛サロンわかりやすく比較しているのであなたに合ったサロンと出会えます。
もう自己処理での肌トラブルに悩まず、美肌を目指してオシャレを楽しんじゃいましょう♪

普段の日焼け対策。コレ、抜けてない?

      2017/05/08


沖縄女子の皆さん〜!
日差しが強い日がちょこちょこと増えてきましたね〜!
日焼け対策はバッチリですか?

日焼け防止は、日焼け止めと日傘や帽子、日光から肌を守る服装となるかと思いますが、
実は目が日焼けすると肌も日焼けするということ、ご存知でしたか?

まだ動物実験の段階ですが、明らかになり注目されています。

【ちゃんと目も日焼け防止してる?】

どう言うことかというと、
角膜が紫外線を吸収すると、肌を守ろうとする防衛本能として、
脳にメラニン色素をだすよう信号を送るそうです。

ということは、直接日焼けしていなくても日に焼けたように肌が黒くなる、
もしくは日焼けしやすくなる、ということです。

では、どうやって目の日焼けを防げばいいの?方法ってあるの?

と言うことになりますが、
目からの紫外線の量をカットするためにはサングラスをかけることです。
その際はUVカットタイプにしましょう。

わかった!じゃあ色が濃ければそのほうが良いよね?

と思いがちですが、実は色の濃いのは逆効果なのです。

色が濃いのにUVカットされていないサングラスをかけると、
目が光を集めようと瞳孔を開いてしまい、そこに紫外線もとりこんでしまうのです。

そんなサングラスはしないほうが良いです。
目安として「瞳の輪郭が分かる程度の濃さが良い」と言われています。
サングラスの色は自分が抵抗のない色で大丈夫です。

【サングラスの2種類のレンズについて!】

調光レンズ

紫外線に反応して色が濃く変わるレンズです。
室内では無色に、屋外では濃くなる2Wayタイプ。

色の変化のスピードは種類によって違います。
常に紫外線を気にする人におススメです。

偏光レンズ

乱反射(氷雪面や水面や道路の照り返しなど)のギラついた光を抑えるレンズです。
運転やアウトドアにおすすめです。

【サングラスの選び方】

1.紫外線はあらゆる方向から目に入ってきますので、あまりに小さなサングラスでは効果が期待できません。
ある程度大きめで、顔に合うサングラスを選びましょう。

2.レンズの濃度は薄めで
先にも書きましたが、濃すぎると瞳孔が紫外線を多く取り込み逆効果。
瞳の輪郭が分かる程度のものを。

3.UVカットのもの
“UVカット”と書いてあるもの、目にしたことあるのではないでしょうか。
この「表記に注意!」して欲しいです。
いろいろ表記の方法があり、混乱しがちです。

よく目にする表記は次の3種類
a.紫外線カット率
⇒UVカット率99%、など
99%の紫外線を侵入させない!と言うこと。なので数字は大きいほどいいです。

b.紫外線透過率
⇒紫外線透過率13%など
紫外線を透してしまう率になるので、数字は小さいほどいいです。

c.UV400
⇒まず、紫外線の話を簡単に。
紫外線は3つに分けられます。
UV-A(波長400-315)
UV-B(波長315-280) 
UV-C(波長280以下)
です。
つまり最高が400。

このUV400の表示の意味は、
紫外線の波長400以下は透しません!と言うことなのです。
3つの表示規格のなかで一番厳しいものになります。

それと気をつけなくてはいけなのは、
%などの数字が表記されていないものは避けたほうがいいです。

良いサングラスはそれなりの価格になりますし、しっかり表記もされています。

安いサングラスは表記に数字を明記せず、“UVカット”などの言葉のみで販売しています。

一体どれだけUVカットしてくれるのか・・・怪しいのです。
数字を出せないということは期待できないということになります。

が、「UVカット」の言葉だけに釣られ購入するかたもいらっしゃるため改善されません。
こちらが気を付けるしかないのですが、正しい知識を持ち、自分のお気に入りのサングラスを手に入れください。

サングラスが日焼け防止になると言われても、サングラスに抵抗があるあなたへ。

色のない透明なレンズでもUVカットできるタイプがありますので、そちらはいかがでしょうか?
伊達メガネもオシャレでいいですよね。

これで目からの紫外線対策もバッチリです!

そうそう、瞳の色が黒くない茶色やブルーの瞳の人は、黒い瞳の人よりも光をまぶしく感じているとか。
ですので、白人系の人はサングラスを掛けることが多いのですね。

オシャレや格好ばかりではなく、ちゃんと理由があったのです。

また紫外線が原因と言われている、白内障・黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)や角膜炎などの病気もあります。
サングラスで目を守ると、日焼け防止にもなり目の健康のためにもなるのです。

★★まとめ★★

・ちゃんと目も日焼け防止してる?
・サングラスの2種類のレンズについて!
・サングラスの選び方

自分の服装などから、サングラスは合わない、普通使いは難しい、と思われるかたも多いでしょう。
ですが、目を守ることは長い目で見ても病気などのリスク回避できますし、なによりも脱毛期間中の「日焼け禁止」の強力な助っ人となります。

いろんなタイプのサングラスがありますから、自分に合うものを探してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう♥
(๑•̀ㅂ•́)و✧

最新情報をお届け♪

 - 脱毛コラム

脱毛サロン比較表はこちら